ルシフェリアン魔術入門032 儀式本編10

ルシフェリアン魔術入門032
儀式本編10
「ルシフェリアン魔術入門031」からの続き

喚起の円

上記:ヤトゥクの召喚三角形。

精神を拘束するための三角形を使用するための指示:

1. 霊の印を三角の中の円の中に置きます。これがあなたの儀式の焦点となるでしょう。あなたが自分自身の中でそれを呼ばない限り、決してこの円に入らないでください(これは初心者にはお勧めできません ) 

2. 喚起の間に、精神を形にすることを想像してください。 あなたは三角形の後ろに黒い鏡を置くかもしれません、そしてあなたは形を取り始めている存在に気づくかもしれません。

3. 呼びかけている間に、何人かのルシフェリアンは内側に霊を呼び込むために円に入りますが、これはプロセスを複雑にしてしまいます。あなたは打ち勝つためには十分強くなければならない、さもなければそれはあなたに問題を引き起こすかもしれません。注意してください。 これを行なうたびに、ルシフェリアンの魔法力を増加させます。

4. 自分の血を提供するために儀式に身を任せ、円に入れば、あなたはつながりを感じるでしょう - 霊はあなた自身の血から現れます。 そのような爪、肌、髪の毛などを焼いた供物は儀式を強化します。

犠牲について
Daevasとヤトゥク・ディノイのドルジを召喚/拘束するときは、髪の毛、爪、または唾液を犠牲にすることが重要です。ゾロアスター教の伝承では、髪の毛、爪、その他の体液を太陽が届かない穴や割れ目に投げ入れるのは犠牲です。特に外での作業で穴を開けたり、岩の近くなどに亀裂を入れたりできる場合。男性や女性、髪の毛などから取られて投げ落とされたものは何でも汚れたものと見なされ、悪魔が付着します。

VENDIDADでは、Drujに、故意にも無意識にも給餌する行為が言及されているため、警告しています。
 *VENDIDAD:(ゾロアスター教)アヴェスタの広範囲にわたり要約したテキストのコレクション。内容ごとに、悪霊のさまざまな症状の列挙、およびそれらを混同する方法が書かれている。

ザラツストラはアフラ・マズダに尋ねました - 「おお、アフラ・マズダよ、最も恩恵を受けているスピリット、物質的な世界の作り手、聖なる方よ!人がDaevasに犠牲を捧げる最も決定的な行為は何ですか?

*Daevas:ダエーワ(アヴェスター語)daēva(輝ける者)イランやゾロアスター教の神話に登場する悪神https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%83%AF

アフラ・マツダは答えた:「人が髪をとかしたり、剃毛したり、爪を切って穴や亀裂の中に落とした時」これらの儀式の効用によって、Daevasは地球上で作られていく」 - ヴェンディダード、ファーガード17犠牲の儀式
  • 警告 - あなたや他の参加者が、過去に精神的な疾患を発症したか問題のある人の場合は、この儀式を試みないでください。誘発された力は確かに現実のものであり、真剣に取り組むべきですが、その場合はあまり楽しい結果にはつながりません。著者および出版社は、この本の使用について一切の責任を負いません。 注意してください、そしてあなたは警告されました。
    
    必要なアイテム:
    ブラックキャンドル
    召喚ダガー
    チャリス
    ワンド
    霊のシジルが付いている召喚用の三角形
    供犠のためのチャコールとバーナー
    
    シャドウの呼び出し -
    「強大な死者の墓から、AZの星が出現したその下で、我が汝を呼び出し召喚した場合、そこから我が影の形となる。それは、生きている陰の栄養物のために黒くそして飢えている。隠された暗闇の汝のマントの下の前進力を我に与えよ!それによりわが儀式を目覚めさせる:」
    
    犠牲
    チャントを詠唱しながら、指定された穴やひび割れに自分の髪の毛、爪、くしゃくしゃ、性的な物、といった犠牲物を捧げます:
    
    「パイティシャとヘシャムによって、我はこれを汝に提供する。我はドレヴァンテムであり、その言葉はドルジである。おおマザニヤ・ディーヴァス! これらのものを汝に告げ、あなたと闇の霊に捧げる。彼らが汝のために、たくさんのナイフと槍、たくさんの弓とハヤブサの矢、そして正義の羊に対するたくさんの武器を与えてくれますように!」
    
    魔術師は、自分の髪の毛や爪などを取り、犠牲の聖歌を口にしながら穴やひび割れに落とします。これは、地球上のヤトゥヴィダ(Yatuvidah)の流れと悪魔の想定される創造との一致を確認するものです。ヤトゥク、またはルシフェリアンの宗教的な仕事は、以前に掃除された人間の骨を取り、儀式的に飲む水でそれらを洗うことであり、ドルジを養い、魔術師が彼または彼女が成長する信仰と一体であるように毒します。
    
    *Yatuvidah:アタルヴァ・ヴェーダ中の魔術師の名前、ヤトゥヴィダー-「魔女あるいは魔術をかける者」という意味。これらの初期の魔術師はabhisarikaとも呼ばれていた。
    
    * Atharva-Veda(アタルヴァ・ヴェーダ):4つあるヴェーダ本集のひとつで、主にバラモン教の呪術的な儀式典礼が記されたものである。
    
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%80
    
    
    以上Michael. W. Ford著「Luciferian Magick」より。
    「ルシフェリアン魔術入門033」儀式本編11へ続く
     
    
    魔術団体 HAKKII
    KOZE