ILLUMINATI GOD GAME 103

 

ILLUMINATI 
THE GOD GAME 103  032
THE GOD SERIES
神シリーズ

Art_023
芸術_023


パルメニデスは、数学の法則が時代を超えているという点で正しいですが、数学関数自体(数学の法則に従うエンティティ)は、永久に移動、変更、結合、分離しています。 これは幻想ではありません。 これは現実です。

ヘーゲルはダイナミクスの哲学者であり、変化の哲学者であるヘラクリトスを高く評価した弁証法的存在ですが、彼は驚くべきことにパルメニデスに同意していると言えるかもしれません。

パルメニデスは言う:「考えていることとそれが同じだという考えは同じです。 なぜなら、それが発声されたものとの関連で、あなたが何であるかとは別に考えを見つけることができないからです。」; 「思考と存在は同じです。」; 「話すこととは何かを考える必要があります。 存在するためですが、そうではありません。」

これらはすべて、思考の世界と物質の世界の誤った区別を示しています。これは、ヘーゲルの主張でもあります。ヘーゲルにとって、物質は「疎外された心」です。まだ心に理解されていない心です。最終的に、弁証法が完了すると、主語と目的語の区別がなくなります。気にならないものは存在しません。とりわけ、それは合理的でなければなりません。「合理的であるものは現実であり、現実であるものは合理的である。」- ヘーゲル。あり得ないものは、思考の対象にもなり得ません。

絶対的な心のすべてのサブジェクトとすべてのオブジェクトの神秘的な最終的な結合は、unio mystica(「神秘的な結合」)の究極の超越的な体験と呼ばれ、仏教徒はそれをニルヴァーナと表現し、一般的には最終的な悟りの状態です。

パルメニデスは「無からは何も来ない」と主張した。その存在は永遠です(したがって、彼は絶対にanti-Creationist - 反創造論者 - です)。
*反創造論者:(聖書に書いてあるような)神がこの世界を創造したと信じない(否定する)人たち

「無からは何も来ない [何もない所からは何も来ない](ラテン語:ex nihilo nihil fit)は、パルメニデスによって最初に議論された論文の哲学的表現です。それは、ホメロスとヘシオドスのオーパスだけでなく、事実上すべての哲学的システムでも提示されているような、古代ギリシャの宇宙論と関連しています-世界が存在しなかった時間間隔はありません。もともとはnihiloニヒロ。ギリシャ人はまた、物が何からも生まれることができないのと同じように、物が何にも消えないことはないと信じていましたが、それらが存在しなくなった場合、それらは他の何らかの形に変化します。私たちはこの考えをエンペドクレスの教えにたどることができます。今日のこの考え方はゆるやかです。 ...エネルギー保存の法則では、エネルギーは作成も破壊もされず、単に形が変わるだけです。エネルギーゼロの宇宙仮説は、宇宙のエネルギーの総量が正確にゼロであると述べています。それは、何もないところから来ることができる唯一の種類の宇宙です。そのような宇宙はフラットである必要があります。これは、宇宙が0.5%の誤差範囲でフラットであるという現在の観測と矛盾しない状態です。」 -ウィキペディア

パルメニデスは、感覚ではなく、イルミナティと同じ立場にあり、真実への道です。

「パルメニデスは、真実は感覚的知覚では知ることができないと主張しました。 ロゴだけが世界の真実を理解することになります。 これは、物事や外見(ドクサ)の認識が欺瞞的だからです。 パルメニデスが強調するように、創世記と破壊は幻想です。なぜなら、物が作られる根本的な物質は、破壊された後も存在し続けるからです。 存在するものは常に存在しなければなりません。 そして、私たちは感覚の認識ではなく、推論を通じて、この根底にある静的な永遠の現実(無神論)の知識にたどり着きました。」 -ウィキペディア

ノーベル賞を受賞した物理学者のアーウィンシュレディンガーはパルメニデスについて次のように書いています。「彼の態度は、彼が私たちの周りの物質的な世界を認められた現実として受け取らないというものです。しかし、私たちが言うべき認識の主題に彼が置いた真の現実。私たちの世界は感覚の産物であり、「信念によって」考える主体の感覚の知覚によって作成されたイメージです。

言い換えれば、パルメニデスの世界観の中心にある不変の不滅の実体は、まさに意識的な自己、つまり魂だけです。私たちの考えだけが変化し、「そこにある」ものは何も変化しません。最終的に彼はただ1つの普遍的なスーパーソウルがあると考えており、私たちはすべてその断片であると言えるかもしれません。私たちの思考は、その思考(神の思考)内の思考です。これは、反物質主義の学校のより現代的なチャンピオンである「理想は知覚される」と宣言した超理想主義者のバークレー司教と非常によく似た立場です。知覚されないものは存在しません。つまり、すべては肉体的なプロセスではなく精神的なプロセスから生じ、知覚することによって私たちを含むすべてのものを支えてくださるのは神です。「物質的な」世界はありません。身体の動きはありません。神の考えだけがあります。「現実」に必要なのはそれだけです。


ILLUMINATI 
THE GOD GAME 103
THE GOD SERIES
Art_023 終

THE GOD GAME 104
THE GOD SERIES
Art_024 へ続く

魔術団体HAKKII 
KOZEI