ILLUMINATI 神シリーズ 076

 

ILLUMINATI GOD SERIES 076
神シリーズ
Teleological VS Mechanistic Questions_004
目的論的質問VS機械論的質問


罪悪感
人間が自由意志のない機械であれば、もちろん、道徳的に責任を負うことはできません。連続殺人犯は、地震や竜巻と何ら変わりはなく、ただ自然現象であり、容赦のない、避けられないカジュアルチェーンの一部です。連続殺人犯には選択肢がありませんでした。彼は自由ではなかった。したがって、法制度全体はばかげています。唯物論では、連続殺人犯を死刑に処することは、ライオンを殺害のために電気椅子に送るか、サメに致命的な注射をすることと同じ意味があります。人間を科学的な必然性を持って行動する機械と見なすことは、人間の状態を狂気にすることです。機械の生命観を非難するこれらの言葉の執筆でさえ、機械の活動であり、避けられない原因と結果によって完全に動かされていますか? なんてことだ!


すべての基礎
Arche(アルケ・万物の根源) = 基本的な実体(すべての基礎:実存的な構成要素)+ 内部経験 + 外部経験 + プロセス + 関係 + 弁証法。

合理主義者が直面する最も重要なタスクは、アルケarcheを定義することです。 これは、古代ギリシャのソクラテス以前の哲学者を悩ませた主題であり、哲学の最も重要な努力であり続けています。あなたがアルケarcheが何であるかを正確に知らない限り、あなたはそれ以上合理的な進歩をすることができません。必然的に、あなたは科学の暫定主義に追い込まれ、それは少しずつ状況を構築しますが、確かな合理的基盤はありません。科学のどの部分も、新しい実験データによっていつでも打倒される可能性があります。実験は理性の法則を覆すことができないので、まさにその事実は科学が厳密に合理的ではないことを証明しています。

M理論によって、科学はアルケarcheの主題に取り組んでいる今になって初めて、科学者は単に哲学的に考えられていないので、それは壮大な混乱を引き起こしています。彼らは幼稚な失敗をし続け、明白な誤った仮定に依存しています。これは、精神的なテストのアイデアと破壊に対する仮定に精通している哲学者には明らかです。


潜水艦の思考実験
海の深い潜水艦を想像してみてください。前進するにつれて、水が押し出されます。次に、水を空気で置き換えることを想像してみましょう。潜水艦はその重量が支えられなくなったため、下向きに急降下しますが、水と同じように空気を押しのけ続けます。次に、古代ギリシャ人の最も希少な元素であるエーテルで空気を置き換えることを想像してみましょう。潜水艦の致命的な降下は続き、水と空気で行ったように、それはエーテルを脇に押しやります。それでは、エーテルを存在しないものに置き換えましょう。何が起こるか?厳密に言えば、定義上存在しないため、存在しないという経験はまったくないので、私たちにはわかりません。

存在するもの(仮説上のエーテルのように希薄化されているものの)と存在しないものとの間には根本的な違いがあるはずです。エーテルと非存在の間に違いがない場合、ライプニッツの識別不能の法則により、存在(エーテル)と非存在は同じものであり、定義では不可能です。

存在が仮想的に存在と一致しない場合に発生する可能性があるいくつかのことを考えてください。爆発(反物質に遭遇する問題のような)? 爆縮?消える(存在は単に飲み込まれる)? 潜水艦(存在者)が存在しないゾーンの終わりに到達するまで瞬間的な降下(光速より速い!)?(結局、降下を遅らせる方法は何もありません)

確かに、現実の法則が破壊されるため、存在と非存在を一緒に見つけることはできません。なんでも起こる可能性がある。かなり奇妙な現象が発生します。科学的な予測可能性はありません。どんな空間でも、それは何かであり、それは存在しません。それは無効ではなく、真空でも、無でもありません。実際、それは永遠に無限の無次元モナドでできています。


普遍と特定
オッカムのウィリアムは、「普遍性」(「人類」のような一般的な概念)は、人間の心の中でアイデアや思考としてのみ存在し、他の現実を持っていないと主張しました。トーマス・アクィナスは、アリストテレスに従って、普遍的なものは物事の本質として特定のオブジェクトに存在すると主張し、物質はこれらの普遍的な物質が植え付けられる物質である。人間は、物質に埋め込まれた普遍的な「人類」であり、人類の無限の特定の実例を作り出します(一人一人が特定であり、普遍的な「人類」の本質を共有し、物質は次の物質体とは異なる特定のものを区別します)。ロスセリンは、普遍的な「人類」は存在せず、単に人類のコレクションとしての名前であると主張しました。古代ユダヤ人哲学者フィロは、すべての普遍的なものが神の心の中に存在すると主張しています。
*オッカムのウィリアム: ウィリアムは英国のスコラ哲学者で、「オッカムの剃刀」の筆者とされる人物(1285年−1349年)


ILLUMINATI GOD SERIES 076
Teleological VS Mechanistic Questions_004 終

ILLUMINATI GOD SERIES 077
Teleological VS Mechanistic Questions_005 へ続く

魔術団体HAKKII
KOZE