ILLUMINATI 神シリーズ 067

ILLUMINATI GOD SERIES 067
神シリーズ
Darwin versus Hegel 002 
ダーウィン 対 ヘーゲル 002


モナドの神

ヘーゲルにとって、神は超越的な存在ではなかったと言われています。 むしろ、彼は「内在的」でした。 すべての人間の精神的な自己の一部。 神は「絶対的現実」であり、宇宙進化の弁証法的集大成です。

ヘーゲルは、「存在するのはたった1つだけであり、その性質によって物事はその一部を形成し、それを信じる者にはそれ自体を再発見する神の要素、その真の性質がある。」と書きました。

したがって、ヘーゲルは、キリスト教の「受肉」を単一の出来事としてではなく、すべての人間が自分自身の中に神の王国を見つける、すなわち神になる能力の意味として再解釈することができました。神性と人間性は全く根本的に分離されていません。実際、本質的な違いはありません。私たちはすべて人間ですが、私たちはすべて神性を獲得できます。どうして? 私たちは皆、神、進化する絶対の一部です。彼が進化するにつれて、私たちも進化します。私たちの進化は彼の進化です-そして彼は私たちの完璧さを通してのみ完璧に達します。宇宙の神性を完成させるのは私たちの神性です。

イルミナティは何を探しているか?

イルミナティのリーダーシップは、歴史の「偉大な人間」理論に同意します。 個人は常に大きな変化の触媒です。一般的な群れである羊の群れは、オートマタ(automata: 自動人形)または人形として見ることができます。 彼らは世界史上の個人が作曲した曲に合わせて踊ります。

第二に、イルミナティはスパルタ人の言葉「沈むか泳ぐか」を引用しています。世界史上の人物とは、定義上、成功する人物です。彼らはスイマーです。 それらの前に配置されたすべての(そして常に多くの)抽象概念が克服されます。彼らは答えを見つけます。彼らは問題を解決するのです。彼らは反対勢力を打ち負かします。

イルミナティが世界史的な人物を可能な限り多くリクルートするとすれば、彼らのうちの1人が人類の要求に応えて、遅かれ早かれ時代精神を指揮するでしょう。彼らは新たな世界を生み出します。過去のすべての間違い、特にアブラハム主義、メーカー資本主義と既得権者の間違いを。


数学的始まり

数学のない世界を想像してみてください。そのようなことは可能ですか? ということは、数学は不可欠ですか?もしそうなら、なぜそれは部分的である必要があるのですか?なぜ、すべてを網羅し、すべてを網羅すべきではないのですか?数学自体が現実ではないのはなぜですか?結局のところ、現実を定義するためのより良い候補はありますか?

私たちが言ったことはすべて、最初の公式グランドマスターであるピタゴラスによって最初に描かれた単一の推論から流れて来ています。

数学が存在の土台であり始まりである場合、存在は数学的に構成する必要があります。つまり、数学座標グリッドに従って、グリッド上の各ポイントは、モナド、エンティティ、無次元のポイント、 無意識の心。これを否定した場合、科学の圧倒的な数学的性質をどのように説明できますか?そして、実際の数学とは異なるタイプの科学数学がどのように説明されるのでしょうか? 数学が非現実の神秘を解き放つための最高のツールである場合、現実がたとえ数学ではなくても、すべてをカバーする単項プレナムを形成するオントロジー的なデカルト軸のセット(オントロジー数学)に基づいて考えればどのようになるでしょうか?


ILLUMINATI_Mike Hockney著
Darwin versus Hegel
「God Series_神シリーズ、Darwin versus Hegel
より翻訳転用。

ILLUMINATI GOD SERIES 067
Darwin versus Hegel 002 終
ILLUMINATI GOD SERIES 068
Darwin versus Hegel 003 へ続く

魔術団体HAKKII
KOZE