ILLUMINATI 神シリーズ 066

ILLUMINATI GOD SERIES 066
神シリーズ
Darwin versus Hegel 
ダーウィン 対 ヘーゲル 001


ダーウィンの進化論は、宇宙の目的に関してヘーゲルの進化論とは異なります。 ダーウィニズムは、自然の選択によって物事の世界がより良くなり、環境に順応するようになることを指しますが、より良くなり、より完璧になりたいという本質的な欲求はありません。それは自然選択の必然的な結果として起こります(ダーウィニズムが人間の心に反響するかどうかは、大きく異なる問題ですが、人間の心の質に一般的な改善はないようです;逆もまた真です)。一方、弁証法は目的論に関するものであり、より完璧になりたいと望んでいる宇宙を改善したいと考えています。弁証法は、宇宙に精神的な側面があることを前提としていますが、ダーウィニズムは純粋な唯物論に基づいています。

イルミニズムは、ダーウィニズムとヘーゲル主義を実際に区別することは難しいと主張しています。一方が正しいことを証明し、もう一方を反証できる簡単な観察はありません。しかし、唯物論は、本質的に、死んだ無知な原子から生命と心がどのように生じるかを説明しようとするとき、深刻な哲学的困難にあります。ヘーゲル主義は、初歩的ではあるが、本質的な生命と心を宇宙のすべてに帰します。

石器時代の人々の洞窟と比較して、現代の人間の都市を見ると、この顕著な変化は、物質的な自然のセクションによって、または理想的な弁証法の改善によって引き起こされたのでしょうか?そして、人類がここ数千年でここまで来ることができたのだから、何百万年後には何を達成するでしょうか?理想主義的な弁証法は、人類、または少なくともその最高の模範を指し示し、ますます神のようになります。ダーウィニズムは、人生に何の目的も与えず、人間の運命に興味がないので、そのような予測をしません。科学者たちは、熱力学の第二法則のために宇宙全体が枯渇する終末期の熱死の1つである宇宙の運命を説明することに幸せを感じています。科学的な見方では、人間は非金属宇宙の進化の間に、小さな機会の窓に現れた奇妙な現象にすぎないのです。ヘーゲルの見解では、物質は心の進化の間に現れる必要な弁証法的現象です。

科学者にとって、物質はすべてを推進しています。ヘーゲル主義者にとって、心はすべてを駆り立てています。科学者にとって、人生と心は取るに足らないものです。物理学の法則がすべてです。ヘーゲル主義者にとって、人生と心はすべてです。それらは宇宙の全ポイントであり、それに付随するものではありません。理性の法則はすべて重要です-そしてこれらの法則は存在論的な意味で弁証法的です。

進化論の両方の形式は、ロゴスの考え方を反映していますが、心身の問題の扱い方が根本的に異なります。ダーウィニズムは、心を独立した現実として拒絶します。ヘーゲル主義は、物質を独立した現実として拒絶します。ダーウィニズムでは、物理学の容赦ない法則に従って、目的のない物質宇宙が展開します。ヘーゲル主義では、宇宙の無意識の心は、理不尽な弁証法的法則に従って、意識と完全になります。それらはあなたの2つの選択です:唯物論と理想主義-進化する、目的のない物質的な宇宙、または進化する、意図的な精神的な宇宙。

神話の創造論に関しては、進化論を完全に拒否しています。東洋の宗教は、神話の創造論とロゴスの進化論の中間の一種です。宇宙の固定された道徳的次元であるカルマの概念は、非常に創造論者です。しかし、サムサラ(samsara)と生まれ変わりは進化的です。
samsara: 輪廻転生, 輪廻, 六道輪廻。サンスクリット語のサンサーラに由来する用語

人間の思考において何度も何度も、いくつかの基本的な構成要素がさまざまな方法で再配置されていることがわかります。イルミニズムでは、基本的な構成要素はモナドと数学の数であり、物理的なものではなく基本的に精神的なものです。科学では、構成要素は「ひも」と考えられており、精神的ではなく物理的です。アブラハム主義では、神は他のすべての基礎です。東洋の宗教では、生きている宇宙はすべての基盤です。

スピノザとヘーゲルの考え方は、東洋の宗教が神秘主義と儀式を捨て、はるかに論理的、合理的かつ分析的になることを選択した場合、東洋の宗教と容易に調和させることができます。科学的唯物論が科学的理想主義になれば、スピノザとヘーゲルと簡単に調和させることができます。他のすべてと取り返しのつかないほど分離された思考のタイプは、アブラハムの創造論のみです。

ユダヤ人は、アブラハムの一神教創造論の発明者として、歴史上最大の知的誤りを犯し、人類を何千年も後退させました。アブラハム主義を受け入れる人は皆、知性の敵です。アブラハム主義は純粋な神話であり、それだけです。 そのような魅力は、単に感情に対するものです。すべてのロゴス思想家にとって、アブラハム主義は理解不能です。理性的な人を攻撃するほど不合理です。

アブラハム主義を受け入れる人は誰もが理性を軽蔑する傾向があります。キルケゴールが認識したように、アブラハム主義を「信じる」には、理性を全面的に拒否することが必要です。アブラハム主義の考えられる合理的な防御はありません。自分の気持ちを尊重し、これらの思考を上に置くすべての愚かな人々に愛されています。何よりもアブラハム主義を愛する人々は、ひざまずき、無限のマスターとサディストの前で自分自身を退化させることを切望する無限に服従的で自虐的な人々です。

もし誰かが究極のサディストを設計することに知的に着手するならば、彼らはアブラハムの神に到着するでしょう。彼は究極のサディスティックなサイコパスに匹敵することは、とてもできないと気づくでしょう。しかしそれは、悪魔の定義ではないでしょうか?


ILLUMINATI_Mike Hockney著
Darwin versus Hegel
「God Series_神シリーズ、Darwin versus Hegel
より翻訳転用。

ILLUMINATI GOD SERIES 066
Darwin versus Hegel 001 終
ILLUMINATI GOD SERIES 067
Darwin versus Hegel 002 へ続く

魔術団体HAKKII
KOZE