ILLUMINATI 神シリーズ 062

ILLUMINATI GOD SERIES 062
神シリーズ
Mythos versus Logos
神話vs論理


神話:「主観的な」数学 - 意志、欲望、感情、世界の内なる体験。
ロゴス:「客観的」数学 - 理性と論理、世界の外側の(科学的な)経験、内側の知恵と直観。

あなたが立つ場所は、マイヤーズ-ブリッグスの性格タイプに依存します。 一般に、次のことが当てはまります(もちろん、ルールには例外があります):

イルミニストは内向的な思想家であり、直感的です。

科学者は、外向的で敏感な思想家(直感的でない)です。

東洋の宗教は内向的で、直観的で、感情的です(非思考)。

アブラハム主義者は、外向的なセンスと感覚的なものを持ち合わせるタイプです(非思考的で非直感的)。したがって、アブラハム主義は最も不合理でばかげた宗教システムです。知識は勤勉、思考、そして直感を必要とするため、知識よりも「信仰」を促進させるのです - アブラハム主義者にはすべて拒否されます。本当に愚かな、原始人がゼロから宗教を作成するように求められた場合、彼はアブラハム主義を作成します。同じタスクが本当に賢い人に与えられた場合、彼はイルミニズムを作成します。

覚えておいてください - 基礎となるものはすべて、無限の能力を備えた非物理的な魂であり、錬金術的に(弁証法的な数学的進化によって)金に変換することができます。これが、イルミニズムの福音です。

イルミナティの観点から見ると、行くところはどこにもありません。完全な数学はすべてをカバーしています。(科学とは異なり)何も省略されていません。

イルミニズムは、すべての真実の理論が壮大に統合されているものです。すべてが1つのものに統合されています - 生きている数学、それ以外は何もありません。

これは絶対的で、否定できない存在の真実です。これが私たちの福音です。 これが本当の「グッドニュース」です。

*****

4つの道徳的な選択:

1)アブラハム主義:超越的としての道徳(「完璧な」創造者に与えられる)。 これは、「神」が悪を行うことができないことを実証しない限り、完全に不道徳であることが証明されてしまいます。アブラハムの神は、アブラハムに彼の息子を殺すよう命じることによって、彼自身が非常に不道徳であり、それゆえ神ではないことを示しました。

2)東洋の宗教:内在としての道徳(宇宙にはカルマの神秘的な力によって道徳が遍満しています)。

3)科学:道徳はありません。悪徳。

4)イルミニズム:合理的な道徳。

それで、どうしますか?

ニーチェは、自分を「不道徳主義者」と評した無神論者-道徳に反抗的でした(すべての正気な人がそうであるように!)-自己の道徳を提供し-超人的完全性を克服し、努力しました。この種の思考は、イルミニズムの弁証法的道徳規範に組み込まれています。つまり、ニーチェの道徳は徹底的に合理的で望ましいものです。

アリストテレスとヘーゲル(弁証法)ロジックの違いは何でしょうか?

アリストテレスの論理は抽象的で客観的です。それは純粋で絶対的です。それは法律の性質であり、不変の永遠のプラトニック形式です。アリストテレスの論理は、現実のものに適用する必要はありません。ユニコーンに関する論理的記述は、馬に関する論理的記述と同じくらい有効ですが、ユニコーンは存在しません。

何かに変わるという意味になります。 あなたが「A」であり、あなたが「A」になろうとしているなら、あなたはすでに「A」から遠ざかり、「not-A」になっています。しかし、そもそも本当に「A」だったこともありません。したがって、明確な論理区分に属するものはないのです。宇宙は変化しており、すべてが、一過性の存在の異なる状態に変化しています。すべての「A」は「not-A」になります。つまり、弁証法的です。 物事は、陰と陽の正反対の道教の概念のように、反対になり、何度も何度も戻ってきます。

進化する宇宙は、弁証法的論理を自動的に反映します。その継続的な流れに適用できる他の種類のロジックはありません。弁証法的論理についての驚くべきことは、それが優れた流れにつながるということです:より効率的で、より生産的で、より高品質。弁証法的論理は、宇宙の方程式がそれ自体をどのように解決するかということ以上のものです。

範囲の解決策は、弁証法がオメガポイントに到達したときです:絶対完全性。宇宙は、オメガポイントに到達すると解決したことを認識し、それ以上進むことはできません。

*オメガポイントとは、精神的な信念で、宇宙の万物が神による統一の最後点に向かって螺旋運動をする運命にあるという科学的な推測。「最終到達地点」

未来を理解するためには、過去を勉強するしかありません。それは弁証法の秘密を私たちに明らかにし、そして私たちは、オメガポイントへの進歩を加速する弁証法的プロセスを意識的に作成することができます........神になることへ向かって!


ILLUMINATI_Mike Hockney著
Mythos versus Logos
「God Series_神シリーズ、Mythos versus Logos
より翻訳転用。

ILLUMINATI GOD SERIES 062
Mythos versus Logos 001 終
ILLUMINATI GOD SERIES 063
Mythos versus Logos 002 へ続く

魔術団体HAKKII
KOZE