ILLUMINATI 神シリーズ 051

ILLUMINATI GOD SERIES 051
神シリーズ
What Constitutes Existence? 011
存在を構成するものは何か?


アイン・ランド

アイン・ランドの「肩をすくめるアトラス(Atlas Shrugged)」では、「ヒーロー」という言葉を使用していますが、「悪魔」はより正確です。作中、コロラドの人里離れた谷間のコミュニティ「ガルトの小峡谷」に隠れます。ロッキー山脈のこの広大な土地はどの地図にも載っていません。谷底は海抜8,000フィートの高さで、峡谷自体は1つの偽装道路を除いて世界から完全に切り離されていました。ここでは、超富裕層が世界から隠れていた。まあ、善良な馬鹿。 「ガルトの小峡谷」を実際に構築し、そこにすべての超富裕層を送り込むことはできないでしょうか?私たちは皆、何が起こるかを知っています。より広い世界は楽園になり、「ガルトの小峡谷」の富裕層は袋の中でネズミのように戦うでしょう。それは彼らにとって地球上にある場所であり、彼らは現実世界に戻って許されることを願うでしょう。これまでに言われた最大の嘘の1つは、ランドの本に言われているような、普通の人々が彼らに奉仕することなく、金持ちが一緒に存在に耐えることができるというものです。これらの人々の怠さと無能さはあまりにも明白です。彼らにお金がなければ、彼らには何もないでしょう。峡谷/渓谷(gulch)の別の名前は「Atlantis」であることに注意してください - ホッ、ホッ、ホッ(笑い声)。

*肩をすくめるアトラス
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%82%A9%E3%82%92%E3%81%99%E3%81%8F%E3%82%81%E3%82%8B%E3%82%A2%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%B9
肩をすくめるアトラス』(かたをすくめるアトラス、原題: Atlas Shrugged)は、1957年アイン・ランドの4作目の小説である。ランドの最長にして最後の小説であり、ランドが自身の手がけたフィクションの中で最高傑作と見なしていた作品。

宇宙意識:宇宙は、相互に連結した意識のネットワークとして存在し、宇宙にまたがる集合意識を形成します。あるいは、すべての意識的存在が発する絶対的または神的存在。

カナダの精神科医リチャード・M・バックは、普通の意識(人間の自然な意識状態)は動物の「意識」の上にあるが、神秘的な高意識状態である「宇宙意識」の下にあるという理論を開発しました。私たちは、人間が永続的な紛争の対象であると想像できます。一方では、彼らは動物の原始主義の領域に彼らを引きずり込もうとする獣の力によって絶えず攻撃されますが、他方の、より高い力は彼らを神性まで引き上げようとします。ほとんどの人間は、低い道に屈します。天体に通じる高い道を走れる人はほとんどいません。「ゲートウェイ」ドラッグ(LSDやマジックマッシュルームなどのサイケデリック)によって、人々は宇宙意識を垣間見ることができます。

また、通常の意識はユングの集団的無意識の上にあるが、集団的意識の下にあると言われるかもしれない(ピエール・テイルハルト・ド・シャルダンが話したノウアスフィアに似ている)。
ノウアスフィア(noosphere)は、ウラジーミル・ヴェルナツキーとテイヤール・ド・シャルダンが広めた「人間の思考の圏域」を示す言葉。 ギリシャ語のνοῦς(nous, ヌース、精神・思考)とσφαῖρα(sphaira, sphere、球・空間)をかけ合わせて作られた混成語。精神圏。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%82%A6%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%A2

単純な動物の意識は基本的な感情であり、人間の自己意識には理性、想像力、創造性などが含まれます。宇宙意識は、人間の精神的進化の次の段階である高次の能力であり、通常の意識の巨大な拡大とテイルハルトのヌースフィアにおける他者の意識との融合を伴います。

宇宙意識は地球上にゆっくりと現れ、少数のより高い個人(サイコナウト)だけがその開拓者として行動できますが、やがて人類全体に広がり、人類全体が育ちます。これは、アブラハム主義や自由市場資本主義などの闇の勢力によって現在妨げられている弁証法的進歩と見ることができます。これらの閉塞は、人類が精神圏で適切に進化する前に解消する必要があります。

人間の意識が根本的に変化し、強化されることは間違いありませんが、最初に意識の発達に対するブレーキを拒否しなければなりません。不合理で迷信的な信仰を持つアブラハム主義は、私たちをより原始的な時代に引きずり続けます。「神になる」という理由と概念だけが、私たちを明るい高地へと引き寄せてくれます。

創発主義(Emergentism):既存の要素の予測不可能な再配置の結果として、進化の過程でまったく新しいタイプの生物、行動、意識などの現象が突然、予期せずに現れるという仮説。一般に、進化の過程で予想外の新しい現象の出現。


ILLUMINATI_Mike Hockney著
What Constitutes Existence? 011
「God Series_神シリーズ、What Constitutes Existence?」
より翻訳転用。
ILLUMINATI GOD SERIES 052
What Constitutes Existence? 012へ続く

魔術団体HAKKII
KOZE