ILLUMINATI 神シリーズ 048

 

ILLUMINATI GOD SERIES 048
神シリーズ
What Constitutes Existence? 008
存在を構成するものは何か?


一神教(monotheism)は他の神々に対して完全に寛容であり、その存在を否定する。
*monotheism: 一神教[] 《キリスト教イスラム教のように唯一とする宗教; cf. polytheism》.

拝一神教(monolatrism)は他の神々に対して寛容であるが、それらの存在を認める。

唯一神教(henotheism)は他の神々の存在を認め、その崇拝を容認する。実際には、そのような礼拝は等しく有効であると考えています。

トランステシズム(transtheism):神学でも無神論でもないが、両者を超えた思考や宗教哲学のシステム。ジャイナ教は神の存在を受け入れる程度に神論的であるが、これらは最高の精神的現実ではない。彼らはモクシャ(啓蒙)を介して超越されています。これは、有神論は、軽視されているが、無神論という意味ではない。私たちが残した実績は神を超越するが、神や最高の精神的な可能性を拒絶しないものなので、それはトランスジースティックです。
*トランステシズム(transtheism): 神教や神論を超えて、宇宙を超越し、しかもまた、一つ以上の神を信じる。パネン神(panentheism)への信仰。
**panentheism: (哲学、宗教)宇宙は神の中に従属するが、それにもかかわらず神は宇宙から離れた、あるいは何らかの存在を持っているという考え方。

古代ローマン・ギリシア・ストイシズムは、無教論的、無教論的、またはトランステシズム(Transtheism)の形態で解釈できる基本的な宗教的姿勢であることが示唆されている。イルミニズムも同じように考えることができる。

無関心(Apatheism):「(有神論/無神論の両方を兼ねた無関心)は、実用的な有神論として、あるいは実用的な有神論としても知られており、無関心、無視、または信念や信仰の欠如に対する関心の欠如を伴って行動する。Apatheismは、信仰や無信仰に対する信念の欠如に対する行動の仕方を表すので、無神論と有神論の両方に当てはまります。無関心論者はまた、神が存在するか、存在しないかの主張を受け入れたり否定したりすることに興味がない人でもあります。言い換えれば、無関心主義者は、神の存在の問題を、神の存在の問題を、彼または彼女の人生に意味も関係もないと考える人です」 -- ウィキペディア
**無関心:神の存在または非存在に対する無関心の態度です。それは信念、主張、または信念体系というよりも、むしろ態度です。 無関心者は、神が存在する、または存在しないという主張を受け入れたり拒否したりすることに興味がない人です。神の存在は拒否されませんが、無関係と指定される場合があります。

ティルタンカラ (サンスクリット語: ティルタカラ(Tirthankara);英語:「フォードメーカー(ford-maker)」)、ジナ「克服する人」としても知られている。ジャイナ教では、ティルタンカラは、すべての魂を制約するカルマを克服し、解放と啓発を達成した人間です。しかし、彼は楽園で彼の報酬を受け取るのではなく、精神的な指導を求める人々のための役目とリーダーになることを選択しました。彼の人間の寿命の終わりに、ティルタンカラは「シッダ」の地位を達成し、無限の出生と死の彼のサイクルを終了しました。ティルタンカラは「自然秩序の神々しい守護者を超越して」過ごしてきたので、トランステジック(Transtheitic)と表現されている。別の意味では、彼ら自身が神になったのです。
*トランステジック(Transtheitic): 哲学者ポール・ティリッヒまたはインドロジスト・ハインリッヒ・ツィンマーによって造られた用語で、神学でも無神論でもない思考や宗教哲学のシステムを指します。

参考資料
ジャイナ教では、ティルタンカラ(サンスクリット語:ティルタカラ;英語:文字通り「フォードメーカー」)は、ダルマ(正しい道)の救世主と精神的な教師です。ティルタンカラという言葉は、間接的な出生と死の海を横切るフォード可能な通路であるティルタの創設者を意味する[2]、サッサラ。ジャインズによると、ティルタンカラは、死と再生のサイクルであるサッサラを自力で征服し、他の人が従う道を作った個人です。自己または魂の本質を理解した後、ティルタカラはケバラ・ジェナ(オムニサイエンス)を達成します。最初のティルタンカラはジャイナ教を設立しました。ティルタンカラは、他の人がササラからモクシャ(解放)に新しい教師に従うための橋を提供します。

ジャイナ教は、現在地球上に生きているティルタンカラがいるとは信じていません。最後はマハヴィラ(「偉大な英雄」)で、約2,500年前にオムニサイエンスを達成しました。とはいえ、宇宙ではティルタンカラが生きることはなく、宇宙の他の領域に存在するのです。イルミニズムと同様に、ジャイナ教は時間に始まりも終わりもないと主張する。それは「車の車輪」のように動きます。
*オムニサイエンス(omniscience)すべてを知り尽くした博識者、全知者、神omniscientの派生語


ILLUMINATI_Mike Hockney著
What Constitutes Existence? 008
「God Series_神シリーズ、What Constitutes Existence?」
より翻訳転用。
ILLUMINATI GOD SERIES 049
What Constitutes Existence? 009へ続く

魔術団体HAKKII
KOZE