ILLUMINATI 神シリーズ 044

ILLUMINATI GOD SERIES 044
神シリーズ
What Constitutes Existence? 004
存在を構成するものは何か?


物活論は物質に生き渡った単一の生命力を描写する傾向がありますが、アニミズムは物質内の多くの独立した生命力を指し、汎心論はどちらの方向にも進むことができます。禁欲主義はやや白濁している。アリストテレスの哲学は、「形」が物質に生息する精神の役割を担い、生化学とアニミズムの中間にあった。

現代の科学的唯物論とは対照的に、生化学は生命は物質の基本的な特徴であると主張した。科学的唯物論では、機械的な科学法が物質の「生命」に取って代わります。デカルトにより、科学は機構になり(生化学が殺された)、生命は別の精神領域に移されました。 以前は、物質と心は常に直接接続されていました。デカルトの後、彼らは完全に分離され、それらがどのように相互作用することができるかは全く明確ではありませんでした。したがって、科学的唯物論を完全に生み出したのはデカルトでしたが、それは彼の意図ではありませんでした。彼はソウル(魂)の偉大なチャンピオンでしたが、彼の思考のその部分は科学的な唯物論者によって単に却下されたのです。

最初の著名な哲学者であるタレスは、水が存在の基本的物質であるアーチであり、すべてのものが「神に満ちている」ことを教えました。 この2つをまとめると、物質(水)が生きている(「神に満ちた」)生物生長の位置に到達します。タレスの立場は、パンサイコリズム(唯心論)の観点からも見ることができ-心はすべてのものの中にあります-そしてアニミズム-すべては生きており個々の霊(「神に満ちた」)-を所有しています。タレスは明らかに科学的唯物論者ではありませんでした。つまり、生命と心は物質の「創発的」特性であると信じているが、実際には物質に固有のものではありません。

哲学的に強力な創発説は、デカルトの心と物質などの2つの根本的に異なる物質の場合、定義がこれを排除しても、一方は奇跡的に他方から「出現」することができると述べることになります。「創発」の支持者は、塩の味(この味はナトリウムと塩素の組み合わせから予期せず現れるもの)に似た立場で心を扱う傾向があります。 ただし、味自体は、それを体験できる対象(心!)に依存する主観的な特性です。つまり、感覚的経験は、実際には物質ではなく心が主要であるという強力な証拠です。

*創発説:創発(emergence)とは、部分の性質の単純な総和にとどまらない性質が、全体として現れることである。心の哲学においては、物質がある巨視的なレベルで特定の配置を取ったとき、すなわち脳を構築したときに初めて現象的意識クオリアといった心的なものが創発すると考える。この創発概念を前提とした心身関係論が創発的唯物論、または創発主義である。

ミレトスのアナクシメネスは、空気を普遍的な活力の原則(つまり、生命/精神/精神に満ちている)と見なしていました。ヘラクレイトスは、それが火(または今日いわれているエネルギー)であると教えました。ストア派は、合理的な「世界の魂」(ロゴス)が世界のすべてのものに情報を与えると信じていました。

アナクサゴラスの説では、微妙な変化が起こります。ウィキペディアは彼の立場を次のように説明しています。「すべてのものは最初から存在している。しかし、それらはもともと、無限に小さな断片として存在し、数は無限であり、密接に組み合わされていました。すべてのものはこの塊に存在していたが、混乱して区別できない形で存在していた。原始的な混合物には、種(精子)または小麦と肉と金のミニチュア(根源的なもの)があった。しかし、これらの部分は、その塊全体がナチュラルなものであったため、明確な名前と性格を得る前に複雑な塊から排除されなければならなかった。心は異なったものから同質のものにしようとして分離しようと動き始めた。マインド(理性・知性)と呼ばれるこの独特なものは、混沌の塊と同じように無限であったが、ヘラクレイトスのロゴスとは異なり、純粋で独立した、より細かい質感のものであり、そのすべての発現とどこでも同じでした。すべての知識と力を備えたこの微妙なエージェントは、あらゆる生命形態で特に支配的であると見られている。」

ここでは、心は物質の最も純粋な形であり、純粋さの低い物質を制御するという考えがあります(つまり、本質的に2つのタイプの物質があります:アクティブ(能動)とパッシブ(受動)、アクティブがパッシブに指示します); 心は物質から微妙に分離し始めました。プラトンでは、それらは完全に分離されており、物質は存在から最低になり、心を閉じ込めて不合理なことをさせることができるため、一種の悪を表します。

そのため、心(生命)と物質はかつては1つと見なされていましたが、徐々にデカルトとの違いが根本的になり、数学的に正確になるまで、やや別のものとして扱われ始めました:非拡張(心)対拡張(物質)。理想主義者は心を真の現実として扱い、物質主義者は物質を真の現実にしました。マルクス主義の弁証法的唯物論は、物質に目的論的なスピンが与えられるため、一種の中間的な建物を表します。マルクスのおかげで、私たちは古代ギリシャの顕生動物、つまり生きている意図的な問題にほとんど戻ってきました。


ILLUMINATI_Mike Hockney著
What Constitutes Existence? 004
「God Series_神シリーズ、What Constitutes Existence?」
より翻訳転用。

ILLUMINATI GOD SERIES 045
What Constitutes Existence? 005へ続く

魔術団体HAKKII
KOZE