ILLUMINATI 神シリーズ 006

ILLUMINATI GOD SERIES 006
神シリーズ
The Rules of the Game

< ILLUMINATI GOD SERIES 005からの続き >

アブラハム主義は、賢明であると主張したが、かつて一度も哲学的、科学的、または数学的な真実を発したことのない預言者を敬う。なぜ神の預言者たちは哲学、科学、数学にあのように敵対的なのでしょうか? 彼の「神の啓示」はすべて科学的、哲学的、数学的にひどく馬鹿げているが、彼らの神はそれと同様に敵対的なのはなぜでしょうか?プロテスタント教の創始者であるマーティン・ルーサーは、理性を「悪魔の娼婦」と記して、信仰だけがすべて重要であると宣言したことは不思議ではありません。プロテスタント主義は純粋な非合理主義であり、理性に対する徹底的な攻撃です。Voltaire(ボルテール)は、「宗教の真理は、推論の力を失った人々のように、必ずしもよく理解されていない」と述べた。

理性とアブラハム主義は同居できません。現代世界で導かれたヨーロッパ啓蒙主義は、あらゆる面でアブラハム主義を拒絶していました。悲しいことに、啓蒙は失敗でした。啓蒙はスマートな人間を解放しましたが、今日まで大多数の人々が暗黒化されている。彼らは啓示の想像力にこだわります。彼らは神と特別に特別な関係を持つと主張し、彼らを信じるのに十分な愚かな集団を見つけた預言者と呼ばれる、奇妙なひげを生やした男性たち(預言者の風貌を描写=ユダヤ教のラビ?)に挑戦し続けます。重度の精神的病気ではなかった預言者は一人もいませんでした。確かに、彼らの狂気は彼らの言葉を聖別しました。狂っていて、馬鹿げた主張はいつも聖なるものとみなされてきました。デルファイの神官は、麻薬ガスを吸入して三重の宣言を吐き出す狂った祭司でした。それはすべての預言者のためのテンプレートです。精神的な亡命者になるのではなく、神の船として宣言された狂った人たちです。ハベルク・エリスが見ているように、「現代世界の宗教的な全体像は、エルサレムからの狂暴な亡命者の不在によるものです」ニーチェは次のように述べています:「神学者が真実とみなすものは何でも偽りでなければなりません。」

それを大雑把に述べると、主流の宗教は「標準化された」狂気です。それは、単に多数の人々がそれらを保持しているために単純であるとみなされる非常識な主張から成ります。その真実や合理性ではなく、彼らの人気と感情力は重要です。人類は何かを信じる能力があることを証明しました。何十億という宗教的な人々によってすでに信じられているよりも不条理なものであると主張するのは難しいです。バージンの誕生、死から戻って来る人々、神はアラビア人の話し手、神は息子を殺すために父親に命じる、神はユダヤ人に羊毛とリネンを混ぜないよう命じる(!)、神は人類を創造し、大洪水...痴呆で恐ろしい宗教的主張のリストは無限です。

では、すべての答えはどのようになるのでしょうか?アブラハム教徒によれば、私たちはすでに解決策を持っています。それらのために、存在の全体の説明は、好みに応じて、律法や聖書やコーランにあります。これらの人々のために、すべての答えは神であり、私たちが神をどのように創造したのか、神がなぜ悪を許したのか、神に尋ねるのではありません。言い換えれば、アブラハムは、存在の基本的な質問に対する合理的な答えを探しているわけではありません。代わりに、彼らはそのような答えを持っている想像上の候補者を探しています - 想像上の候補者は、すべての知っているすべての知っているすべての創造主より優れているのでしょうか?

何人かのアブラハム教徒は、何から何かを創造したか、あるいは銀河、星、惑星、月、惑星がいっぱいで、私たちの観測能力を超えて宇宙を広げようと選んだ理由について、彗星、小惑星、およびコズミックダスト?量子力学を選んだ理由、一般相対性理論と量子重力、ブラックホールの重要性、真空がどのようになっているか、彼らが量子力学を選んだ理由、ハイゼンベルグの不確実性原理またはゲデルの不完全性定理の意義は?

以上、
ILLUMINATI_Mike Hockney著「God Series_神シリーズ、The Rules of the Game」より翻訳転用。
ILLUMINATI GOD SERIES 007へ続く

魔術団体HAKKII
KOZE