ルシフェリアン魔術入門023○儀式本編01

ルシフェリアン魔術入門023
儀式本編①
「ルシフェリアン魔術入門022」からの続き

ルシフェリアン魔術とは。
(以下はHAKKIIからの参考資料)
Luciferian Magick - 本質的にはBlack Magickという言葉に近いが、具体的には、光の持ち主であるLuciferを参照して、自己主義的で孤立した方法で昇ることに焦点を合わせる。 Luciferian Magickは、この言葉では、魔法の発達によって抽象的な概念ではなく、スピリチュアルな世界と物理的な世界の両方で意志を明示することによって、明るさと暗さを求めることに言及するかもしれません。
(参考資料終わり)

祈り(呼び出し)
呼び出しとは、しばしば「Deific Masks」と呼ばれる精神を呼び出す芸術であり、擬人化されたエネルギーの関連です。あなたが無神論者か有神論者のルシフェリアンであっても、呼び出しは結果をもたらします。あなたはあなたの意識の側面として、この潜在意識の知識を最前線に染み込ませて呼び出すことができます。あなたはそれを所有物、呼び出し中にあなたの精神に生息する精神、行為によって知恵を与えるために見ることができます。あなたの潜在意識を介してあなたに入ると、両方の力が一緒に集まり、マジックの意識の中で立ち上がる。 呼び出しは本質的に、魔術師がDeific MaskまたはGodフォームのアイデンティティを採用する芸術です。

定義/目的 
ここでは、儀式の定義と目的、なぜ特定のことが行われたのか、そのような作業の目標について簡単に説明します。                 
  
Action 行動 Meaning 意味
Cast Circle 魔法円を開く Clear mind/focus 心の開放/集中
Statement of intent 主旨書 Goal of working 作業の目標
Invocation 祈り Calling spirits within 霊を呼ぶ
Close circle 魔法円を閉じる Clearing mind 心の浄化
Banish 開放する Clear area 場所の浄化
主旨書
主旨書は儀式を実行している魔術師の意図を表しているため、意思表明は重要です。それはプロセスの始めに意識的に心を集中させ、潜在意識の中で種子が形成されるようにします。 しばしば、適切なステートメントは「それは私の意志です....」から始まります。

シジル / 祈り・呼び出し / 喚起に焦点を当てる
呼び出しの間、あなたの意志は、あなたが呼んでいる精神を視覚化し、視線に焦点を当てるべきです。あなたの儀式を視覚的に、音響的に、あるいはあなたが呼び出す精神を具体化することは、常に重要です。音、音楽、想像力、これらのすべてが呼び出しをサポートします。

シジルのチャージ
儀式中には、儀式に専念することが重要です。ある魔術師は自分自身の身体を切り、少量の血をシジルに入れる - これは物質的な基盤となり、精神に呼び出される象徴的な"生命"を提供する。いくつかの性的な液体を使用してシジルまたは動物の皮膚、爪やその他の精神に基づいて充電します。Yatukih魔術の道では、皮膚、灰、骨はデーヴァスや悪魔を作るのに十分強力だと考えられています。

*Yatukih魔術
Yatukih [Avestan/Pahlavi] - ペルシャの神話における魔術の妥当性を示す用語。 現代的な意味でのアーリマン/ サタンの魔術と実践者の実践の題名に直接関係しています。(ヤトクに関しては「ルシフェリアン魔術入門022儀式⑫」の参考資料をお読みください HAKKII)。

退去・送還
これは、儀式を終わらせ、心を清めるプロセスです。 Luciferian儀式では、魔術師は霊を追放しない - 彼または彼女は自分自身の存在の輪をクリアし、潜在意識が動き出すために表層意識が仕事を忘れることを可能にします。

詠唱
マジックや儀式での詠唱の使用は、心を刺激し、集中させる強力なツールです。魔術が何千年も前に登場して以来、詠唱が使われてきました。マントラは、最初に意味を持つが、音声的にゆっくりと意識的に意味づけられたときに、一緒に結合された言葉の形である。しかし、潜在意識は、意味を記憶しており、言及されたときに、その言葉が派生する力の「発動」を刺激し、行動する。マントラのリズミカルで逐次的な使用は、振動が鳴り出して必要な雰囲気で儀式を充電するのに重要です。これは、宗教が結果をもたらすことができるかどうかに関わらず祈りをする理由です。この信念は、儀式魔術の成功の基本です。 悪魔の聖書には、ヤトクの魔術の大部分としてスタオタス(staotas)があります。staotasは儀式に大きな影響を及ぼす音の振動です。

*staotas - 死を引き起こす可能性のある振動、または何らかの変化を起こす可能性のある振動、Staotaを鳴らす振動を自己集中的なエネルギーで囲むこと。Staotaは歴史的に神話的な物語、The Matigan-I Yosht-I Fryanに使われています。YATUK DINOIHの第2版で提示された魔法のテクニック。

夢見
潜在意識の表現は、しばしば夢を介して最初に表示されます。夢は、生きるための自然な過程であり、心はさまざまな概念や考察を模索しています。オースマン・オズマン・スペアは、夢見を自分の魔法のシステムの主要な要素であるとしています。夢日記をつけるようにします。しかし、夢と目覚めたときの最初の印象を記録しているだけなので、これは魔法日記とは異なります。あなたが夢を見て目覚めたあと、その度に、あなたが覚えている細部について思い出して数行を書き留めるのです。しかしこれが出来たとしても、目覚めてから15分後には多くの要素が忘れ去られることを覚えておいてください。

夢日記は、もちろん、毎回の訓練を必要としますから、計画的に進めてください。あなたが仕事や予定のために30分前に目を覚ますようにアラームを設定した場合、あなたはそれを書くことができない、またはそれを書き留める訓練をすることができません。計画的に、またリラックスしてください。

そしてあなたの悪夢に印を付けることを覚えておいてください。おそらく、あなたの睡眠サイクルで最も重要な経験です。セト神は悪夢の神でもあり、それらを含んでいる。夢見ることは、アストラル投影において非常に重要であり、Vampyric Magick(ヴァンプリック・マジック - 吸血鬼の魔術)にとって重要なポイントです。

幻視
幻視は長い間、才能のある魔女や魔術師の芸術とされてきています。あるトランス状態に入り、ビジョンを受け取ることができるのです。幻視は有史以来シャーマンによって使用されてきた芸術である。古代のヘブライ人がリリスの洞窟への入り口と考えている黒い鏡のような道具、茶葉、巨大な振動、古代のオーラを本を読むように読むことは数多くあります。黒い鏡を使っている人は、自分の儀式区域にはほとんど光を当てずにこれに集中することができます。多くのものがそれらに「遭遇する」可能性があります。

*幻視(Scrying)=スクライング(またはスクライイング、英: scrying) は、何らかの物体や物理現象を見つめることにより、眼に入った物理的光に対応しない視覚イメージ、すなわち幻視を得る技法の総称である。

>> 呼び出し(招魂)
以下の儀式は、SamaelとLilithを呼び出す強力な基本的な呼び出し儀式です。この呼び出しに熟達したあとの、次の呼び出しのプロセスは、悪魔の聖書にある「AZAL'UCELの儀式」です。

地獄の共同体の儀式



これは完全なる統一連合に基づく孤独な儀式です。あなたは黒いローブ、2つのキャンドル(黒と赤)、聖杯と魔術剣、祭壇の部分は、祭壇の上には地獄の協会のシジル(上記シジル)がなければなりません。あなたは「グランド・ルシフェリアン・サークル」の中央に立ちます。ポイントは北に向くことです。

主旨書を作成する必要があります。書き留めたり、覚えておくのが良いでしょう。主旨書の記述は次のようになります:

主旨書
サマエルとリリスのエグレゴレ(Egregore)を呼び出すのは私の意志であり、両者の組合せにより私はバフメットとして生まれ変わることになる。

*Egregore = 類魂のこと。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A1%9E%E9%AD%82

心を浄化するために祭祀を行い、四方向に呼びかける:

1 ) 祭壇に向かい以下を9回暗唱し振動させる:
ザザス、ザザス、ナサタナダ ザザス
(地獄の口を開ける)

2 ) 南に面して:
サマエル、
南の塔の主、ジーンの火の父と砂漠の砂、
我は覚醒と和合の我が儀式に立ち会うために汝を召喚す。
我はアビスの火に命じて私のサークルを守り、
門を開かせる!

*アビスの火(fires of the Abyss)=地獄の火。アビス(Abyss)とは奈落の底の地獄の意。

3 ) 東:
ルシファー - 燐、
東の塔の支配者、黒い炎の支配者、
光の主およびプロメテウスの炎、
我は覚醒と和合の我が儀式に立ち会うために、
汝を召喚す。
我は風の力に命じ、
アストラル界から汝ルシファーの元素力を、
このサークルを守るために送る。

4 ) 西:
リバイアサン - オロボロス、
黒い炎が深みに隠れているのを見ている
西側の塔の主よ!
不滅の鍵を握っている素晴らしき包囲する者よ!われは水と海の力を召喚してわが覚醒の儀式と和合に立ち会う。注意してこの円を守りたまえ!

5 ) 北:
ベリアル、
天国から落ちて神のようになり、師を持たぬ北の塔の主よ - 我は覚醒の儀式を目の当たりにして汝を召喚する。 我は地球の力がこのサークルを守るよう命ずる!

あなたの周りには、あなたを密かな方法で保護する各方面のパワーがあるということを想像してください。

以上Michael. W. Ford著「Luciferian Magick」より。
「ルシフェリアン魔術入門024」儀式本編②へ続く
 

魔術団体 HAKKII
KOZE