ルシフェリアン魔術入門008

ルシフェリアン魔術入門008
「ルシフェリアン魔術入門007」からの続き

アズとサタンの元々の協力関係は三千年間深い眠りに落ちていた悪魔アーリマンに由来する。アーリマンは無意識状態のうちにあり、どのような理由か目を覚まさなかった。数多くの悪魔や影がアーリマンを目覚めさせようとしましたが、彼らがいくら呼びかけても何も意識は戻らなかった。三千年後に売春婦がアーリマンのところに来て、彼に言った。

「私たちの父よ、起きなさい。戦いが始まると、正しい人と荒れ狂う雄牛に激しい苦しみは緩まるあろう。私の行為のために、彼らは生きるのに適さないためです。私は彼らの尊厳を取り去ります。水を苦しめ、地を苦しめ、火を苦しめ、植物を苦しめるであろう。オハラツアフラマツダが創造したすべての創造物を苦しめるだろう」。

ここで、アズは、自然順序が正しいとみなす要素については、知識と制御を持っていることがわかります。彼女は彼女の意志に従ってそれを変えたいと思っています。早く恩恵を受けた光の多くがその本質を暗くするのです。

カインは、最初のサタニストと魔女でもあるサマエル(悪魔)とリリス(イブ)を通して生まれた息子でした。

「聖書はカインの真の血統に関して誤解されていると暗黒の伝統の中で言われています。カインは実際には半分の人間であり、半分はアダムとリリスの悪魔のろくでなしの子です。この理由のために、主は動物の犠牲の特別な要求ではなく、主の奉仕と祈りを受け入れることはありませんでした。物語は、カインが呪われて地獄のように地球をさまよい、決して報酬を得ることのない地でさまよっている、と続きます」 - ナザニエル・J・ハリス、カインの印、第一の悪魔と第一の殺人。

特定のラビの文献では、カインの娘は、落下した天使と性的に結合し、ネフィリム** や戦争を好む残忍な巨人を生み出した人です。彼らは地球の中に住んでいると言われ、そしてセスの子供たちを攻撃した。

** ネフィリム: 神の子(天使)と人間の娘たちの間に生まれたとされる巨人族

マニ教の伝承では、悪魔の女王、カイン、リリス- アズの霊的な創始者は、堕落した天使に物理的な体を形成させ、性的に他の人と結合するよう教えました。これは、作家Kaufmann Kohler、W.Hによっても示唆されている。 BennettとLouis Ginzbergは、カインの子どもたちは、Jubalによって作られたルシファーの音楽と共に野生の乱交パーティーをおこない、山のふもと(エデン?)で日々を過ごしていたと言っている。

最初のPairikasまたはFaeries / Witchesは、美しい姿で、セスの息子たち(神の子どもたち)を招き、他の子供たちを巻き込んで、それらと交わりました。 このユダヤ民俗民話はルシファーの祝賀と性的魔法のモデルとして、魔女の義父の初期の形態を提示しています。

「同様に、カインは「愚かさと不信」と自己愛のタイプです。「彼は都市を建てた」という意味は彼は無法、無私、不公平の教義システムを構築したということです。」 そしてEpicureanの哲学者はカインの学校であり、カインを教師と指導者としていると主張し、権力に優先して官能的な力の礼拝を勧めた反対の教義を打ち出したアベルを破壊することによって彼の教義を習得した者とした」(ib。11)。 - Kaufmann Kohlerによって編集されたユダヤ人の百科事典。 W. H. Bennett、Louis Ginzberg

ここで、カインは、ルシファーの道そのものの肉体と血液の様相です。彼はサタンとリリスの息子であり、アダムの妻エバと深く関連している暗いエッセンスです。カインは魔術師達の守護父であるだけでなく、アンチ・マニアの道にあるイニシアチヴの象徴でもあります。

魔術師や巧みな魔術の基礎は、人類の最古の伝説、記憶、神話からのものです。子どもが生計を立て、狡猾な血のラインが生まれた最初の悪魔師と魔女の「サークルの真実」によれば、東のノドの土地に迷い込んだカインは本来の姿になりました。いくつかのユダヤ人の伝承の中で、カインの娘たちは、倒れた天使たちを誘惑したり、仲間にすることが示唆されたのです。

以上Michael. W. Ford著「Luciferian Magick」より
「ルシフェリアン魔術入門009」へ続く


魔術団体 HAKKII
KOZE