ルシフェリアン魔術入門005

ルシフェリアン魔術入門005
神と女神たち
「ルシフェリアン魔術入門004」からの続き

「これは祈りと懇願の道ではなく、魔術師自身の固有の力の認知である。暗闇の力は、自己表現の手段として呼び出され、エンパワメントと自己神格化を与える。」
*エンパワメント = empowerment 権限を持たせること、権限付与、権限委譲 自信を与えること、力を付けてやること

ルシフェリアン魔術の神はSeth-an、またはSet(Samael、Satanと同じ)です。 これはエジプトの闇の王子であり、混沌の主、そして魔力です。セットは、擬人化された意味での単なる神ではなく、私たちの本質である唯一の神聖な力と考えるべきです。

アザゼルまたはルシファーがカインに意識の黒炎をもたらしたとき、これは人類への素晴らしい贈り物のようであった。ルシフェリアン・クラフトのサークルで働くことで、あなたは単にあなたの古代遺産を満たしているだけです。いくつかはこれよりも危険度の低い経路を選択しますが、ルシフェリアン・グノーシスとしての魔法の現実は否定できない。Set for referenceの偉大な仕事は、魔法使いが意識、個性、そして個人的な力である神性を追求することです。

あなたよりも自分自身を信じることによってあなたのモデルになります。(あなただけの高級エンジェルや悪魔の存在は、あなたのルシフェリック・エンジェル、聖ガーディアン・エンジェルです)

黒い伝統の中で、Samael - Lilith - Cainで構成されているルシフェリアンの三位一体は、カルト内の練習のモデルにおいて重要な意味を持っています。この三位一体は、魔術師がサマエル - リリス - ケインの崇高な連想を揃って利用し、彼らの意識を知識の頭であるバフォメットである神の本質に変えるという錬金術のプロセスです。 記述されたSamaelに、以下のような小さなセクションがLIBER HVHIから来ています。LIBER HVHIは、魔法の観点から左手道のより深く暗い練習を定義する儀式の作品(作業)です。

悪魔はDiabolusと呼ばれ、すなわち下に流れているので、高所で支配しようとしている誇りをもって膨らんだ者は、暴力的な流れの急流のように、下の部分に流れ落ちる。 - 第4オカルト哲学書

「サマエル/サタンは天から降りて落ちる前に、神の御座の周りを護衛していたが、彼は堕落した後、死の主人であった。後でユダヤ人が書いた書物の中で、SamaelはMalkiraという名前に関連していますMalkiraはMorik Jastrow Jr.がMalik-Raと関係していた "The Evil Angel" Angro-Mainyushまたはアーリマンの形をしたMatanbuchusという名前があります。ここでは円が閉じられ、最初の天使の性質が認識または感知されるようになり、進行中の儀式作業では、魔術師は自分自身の生活と開始のパラメータ媒介変数=範囲・条件内で、彼もしくは彼女自身の中のSamael(およびLilith )を確認する

サマエル(サタン)と彼の堕天使や悪魔に由来する名前である地球の主は、しかし、もはや物理的な形をとることはないが、魔術師や魔女を通して現れるかもしれないアストラルスピリットと考えられている。 彼らと協定し、左手の道への献身と献身をする。

サマエルは左翼の守護神であり、彼の言葉は私たちの思考を形作ったものであり、私たちの黒炎の内火、私たちの個々の考え方と自由意志を与えました。彼らの意志を左翼の方法、サマエル(悪魔)のそれと調和させたマジシャンは、地球上で何らかの形で権力を与えられました。彼らの意識を強化し、定義し、拡張しています。

出エジプト記7では、マジシャンは悪魔で得た力でカエルや蛇を作ることができました。そのような生き物はアーリマンサマエル)の恒星型であり、魔女や魔術師の夢のような体です。」 - Liber HVHI

「ルシフェリアン魔術入門006」へ続く
 

魔術団体 HAKKII
KOZE