ネクロノミコン_クロウリー/サイモン01

NECRONOMICON
Aleister Crowley
ネクロノミコン その1
アレイスター・クローリー生誕100年記念版



献呈
詩人アレイスター・クロウリーの
誕生100周年に
1875-1975
Ad Meiomrum Cthulhi Gloriam


確認
編集者は、言葉にならない恐怖への協力と献身がこの本を可能にしたすべての人々に感謝したいと思います。まず、私たちの感謝は、その後消えてしまったオリジナルを私たちに提示したその無名の僧侶に向けられます。第二に、最も嫌でしばしば不満な仕事をした翻訳者の絶え間ないスタッフに: I.パパスピーロウさん、ピーター・レヴェンダさん、Xさん、Y.サードさん、クラフト民俗学に関する十分な知識と理解が助けられたJ.マクナリーさんにこの作品に対する適切な視点を想定した編集者。第四に、本の力とその危険性に関する予備的な実践的研究の一部を支援したJ.バーンバウム氏に。第五に、古代のものの素晴らしい怒りを誘惑したL.K.バーンズ氏に、このアーケーン条約の出版を支持する上で、言い表せないエルドリッチの恐怖を高めました。第六に、忍耐強く待っていたすべてのパガンと友人に、餌付きの呼吸でこの学術書の最終的な出版を待っていたストーブの上の「何か」。第七に、そしておそらく最も重要なのは、マジカル・チャイルド(ニー・ウォーロック・ショップ)のハーマン・スレーターに、その絶え間ない励ましと永遠のケヴェッチングがこの作品の完成に重要な要素でした。

そして、最後に、悪魔PERDURABOに、彼の助けがなければ、この本のプレゼンテーションは不可能だっただろう。

祝福を!


目次

前書き
入門エッセイ
序文
比較表
777への補足資料
発音に関する注意事項
呪文 (翻訳)
一般的なシュメール語と英語のフレーズ
オリジナル原稿に関する一言
追放
文献目録と推奨リーディングリスト

ネクロノミコン
狂ったアラブ人の証
Zoneiとその属性
入り口の書と歩行
門の呪文
火の神の召喚
ウォッチャーの召喚
MAKLU テキスト
呼び出しの本
五十名の書
魔術師のテキスト
URILIA テキスト
第二部「狂ったアラブ人の証」


第2版の序文
NECRONOMICONを出版して以来2年間楽しんできた素晴らしい、そして驚くほど歓迎される評判を共有しなければならない3人の主要な人物がいます。L.K.バーンズは、ある日生まれ変わった思想形態により(突然奇妙な考えにとらわれ)マンハッタンのマジカルチャイルド書店に引き込まれた。結局、私たちは彼のイニシャルB.A.K.によってのみ参照することができるのですが、誰もが、通常それらの敷地内で行われていた、少々ズレてはいる超自然による知性向上普及活動に、何気ない娯楽を求めていた。この学術書、研究書の出版をしているL.K.バーンズは、おそらく、その機関の狂気の所有者が彼にこの本の原稿コピーの前に手を振り始め、それによって彼の心と魂をとらえるために、それらのじめじめした地域内に足や触手を設定したことを後悔しているだろう。永遠の神々の奉仕の中で・・・・永遠に。

言うまでもなく、L.K.は、彼が子供の頃から本当に存在していた本物のNECRONOMICONの検索の長年の巡礼者である - 彼は感銘を受けた。実際の話ショックを受けた。彼は、仕事に入り編集と一般的な研究の仕事の責任を主張する怪しげな人物をチェックするように頼みました。

このエキゾチックな名前を持つ人物サイモンは、L.K.バーンズの居住区で、ある日突然ベレー帽をかぶり現れた。暗い色合いの繊維状の素材のスーツに身を包み - 様々なバルカン大使館や写真からの通信に加えてルクセンブルクへの出荷のために作成された密封されているF-104戦闘機の写真のほかに - 彼の善意を証明したネクロノミコンに関する追加資料。それらの入ったアタッシュケースを手にして現れたのだ。また、南米のカルト指導者によると、会合では、アンホーリー・トリニティ(不浄な三位一体)の3番目のメンバーだった、スタジオ31のジェームズ・ワッサーマンは昨年中に亡くなったが、賢者の石と、この本の中で明らかになる確かな公式は、彼のビジネスを生きている人のように続けるためのものだということです。

サイモンの原稿、バーンズのオカルトビジョンと審美的なためらい、そしてワッサーマンの創作へのたゆまぬ努力により、忌まわしいネクロノミコンは形を取り始め、1977年12月22日の冬至・古代の異教徒のお祭り・Yuleの時期に最初の版が立ち上げられた。
*Yule: ユール(北欧語: jul、英語: yule)は、古代ヨーロッパのゲルマン民族、ヴァイキングの間で、冬至の頃に行われた祭りのこと。のちにキリスト教との混交が行われたが、北欧諸国では現在でもクリスマスのことをユールと呼ぶ。英語でもユールタイド(yuletide)と呼び、クリスマスの祝祭自体を指す言葉となったが、現在は古語とされている。北欧のユールには、キリスト教伝来以前の習慣と結びついた、独自の様々な習慣がみられる。

しかし、最も深く関わった3人の個人の生命、正気、およびアストラル体を一度以上脅かした奇妙な出来事が数多くなかったわけではありません。

ジム・ワッサーマンは、本の制作とデザインの側面に取り組んでいたときに、「ポルターガイスト」活動と漠然と呼ばれるものにさらされていた。特定の嫌な目的のために常にロックされた部屋があったが、その部屋はある日内側から開かれて発見された。彼のロフトのすぐ下にある同じ建物で、植字機はネズミの群れによって攻撃されました。失われた小さなヒンドゥー教の偶像の発見は疫病の終わりを示し、そしてネズミは姿を消した。


ネクロノミコン その1 終
ネクロノミコン その2へ続く
魔術団体HAKII 
KOZE